Make your own free website on Tripod.com

日本百名駅 番外編 北海道旅行の研究発表

スーパーおおぞら  1999年夏に行った、先の北海道旅行でいろいろ得るものがありました。研究成果を発表します。

その1 急行「まりも」復活計画!
 …というのは無理そうなので、「特急おおぞら13・14号の根室延伸」なんてのはいかがでしょうか?
 下りの場合、釧路6時、根室7時半にすればよい。夜行だから車両運用もまあ問題ないでしょう。(どうでもいいことだが、あの夜行「おおぞら」は何とかならんのか、ちゃんと車両を統一しろ、見苦しい)
 採算はぎりぎり取れるのではないでしょうかね。釧路・根室の区間乗車には特別割引の設定などもいいかもしれません。ちなみに停車駅は厚岸のみの予定。(何が予定だ!)

その2 石北本線の終着は網走か?
 これは難しい。実は少なくとも昔は網走ではなかったようです。網走から更に東へ向かいます。当然釧網本線とは別れます。で、市の中心部に本当の終着駅があるのです。その名も「浜網走」。ここも見所です(キッパリ)。 網走刑務所の中に湧網線の線路が横切ったこともそうですが、肝心なところを忘れてしまっていたようです。次はもっと事前調査をしましょうね。次があればの話ですが。余談ですが、夏季限定でオホーツクの夜行を斜里じゃなくて「知床斜里」まで伸ばすのも面白いかも知れぬ。

その3 リストラ!
 JR北海道の場合線路のリストラが急務です。以下に経営至上主義的に選んでみましょう。

  1. 江差線の木古内〜江差間。
  2. 函館本線の長万部〜小樽の第三セクター化。
  3. 石勝線の俗にいう夕張線。
  4. 学園都市線の北海道医療大学〜新十津川間。
  5. 日高本線の静内以南。
…くらいかな。なんでわざわざ挙げたのかというと、もっと他のサービスを強化してもらいたいからです(たとえば上のその1)。
 昔とは鉄道を取り巻く環境が変わってきています。鉄道ファンには怒られそうですが、また公共の交通機関という観点からは難しそうですが、リストラは必要だと思います。
 ところであの千代田線直通用のJRの新型(209系1000番台)は何なんだ。あれは営団地下鉄の対する侮辱、かもしれません。でも、あれとJR東海の「あさぎり」が本厚木で鉢合わせしたら面白いかも。

【写真提供】JR北海道釧路支社


Japan Best Station 100's HOME