Make your own free website on Tripod.com
 HOME速報
かんぽの宿、8施設を閉鎖へ 2003/09/17
 日本郵政公社は17日、公共の宿として人気のある「かんぽの宿」(簡易保険保養センター)について、施設の老朽化などを理由に8施設を来年3月までに閉鎖する方針を決めた。

 現在、簡易保険加入者を対象とした保養施設は全国に72箇所ある。格安な料金で利用できるとして人気を集めているが、民間宿泊施設の経営圧迫の批判があるほか、立地条件の悪さなどから不採算の施設も多いという。

 郵政公社は、旧簡易保健福祉事業団から経営を引き継ぎ、各施設の利用状況や施設の老朽度などから運営の見直しを進めていた。今回、閉鎖を決めた8施設は特に利用が少なく、また改装などによっての利用客増も見込めない施設だという。

04年3月の閉鎖が決まった「かんぽの宿」
 ・網走(北海道)
 ・洞爺(北海道)
 ・碇ケ関(青森県)
 ・男鹿(秋田県)
 ・越中庄川峡(富山県)
 ・伊予肱川(愛媛県)
 ・土佐中村(高知県)
 ・日向(宮崎県)

[ETN BREAKING NEWS : 2003-09-17 17:00]
 

Copyright © 1999-2003 EASAS TRAVEL MEDIA NETWORK, All rights reserved.
「エアサス・ネット」に含まれるコンテンツの著作権は、エアサス旅行研究会または情報提供者に帰属します。