Make your own free website on Tripod.com
 HOME速報
JR西日本、IC乗車券「ICOCA」スタート 2003/11/01
 JR西日本は1日、非接触式IC乗車券「ICOCA(イコカ)」の運用を開始した。サービスエリアは京阪神を中心とした2府4県。すでにJR東日本が導入している「suica(スイカ)」と同じ仕組みで、自動改札機の読み取り部にIC乗車券をかざすだけで出入場の改札を行う。また、あらかじめ乗車券に精算用に料金をチャージしておけば、定期券の区間外乗車などの際に自動的に引き落とし精算を行う仕組みも備える。

 ただし、サービスエリア外にまたがった乗車や、「suica」との併用はできない。

 導入初日の1日には、JR大阪駅で記念式典が行われ、イメージキャラクターの仲間由紀恵さんと垣内JR西日本社長がアピールした。

 「ICOCA」は、関西の民鉄などが参加する共通カードシステム「スルッとKANSAI」が導入を予定しているIC乗車券と仕様が同じで、将来的に共通化される予定だ。

[ETN BREAKING NEWS : 2003-11-01 22:00]
 



Copyright © 1999-2003 EASAS TRAVEL MEDIA NETWORK, All rights reserved.
「エアサス・ネット」に含まれるコンテンツの著作権は、エアサス旅行研究会または情報提供者に帰属します。