Make your own free website on Tripod.com
 HOME速報

「宿泊拒否は旅館業法違反」で告発 黒川温泉のホテル 2003/11/21
 熊本県黒川温泉のホテルが、ハンセン病患者療養施設に入居していた旅行客の宿泊を拒否した問題で、熊本地方法務局と熊本県は21日、ホテルを旅館業法違反の疑いで熊本地検に告発したと発表した。

 告発の内容は、ホテル側が県内の国立ハンセン病療養所の入所者から宿泊予約を受けた後、伝染の恐れがないのに「他の客に迷惑が掛かる」と宿泊を拒否した疑いがあるというもの。

 旅館業法では、宿泊者が伝染病にかかっていることが明らかな場合などを除き、宿泊予約を拒むことを禁じている。ハンセン病は伝染病にあたらず、また今回の旅行者は療養施設に入居しているだけで、患者ではないため、同法違反の疑いがある。

 ただ、同法は、違反者に対し営業停止命令の行政処分や5000円以下の罰金を科すことを定めているだけ。告発により同法に基づく処分を行うことで、今回の事例が重大な人権侵害にあたることを印象付ける狙いがあるとみられる。

旅館業法(抜粋)

第5条 営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。
@ 宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。
A 宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする恐れがあると認められるとき。
B 宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。

[ETN BREAKING NEWS : 2003-11-21 18:45]
 



Copyright © 1999-2003 EASAS TRAVEL MEDIA NETWORK, All rights reserved.
「エアサス・ネット」に含まれるコンテンツの著作権は、エアサス旅行研究会または情報提供者に帰属します。